ニュース

2018/12/08【不妊治療】妊活、応援します!!

【不妊治療・妊活コース】
鍼治療 + お灸
⇒ 計50分 5,670円

 

※初診の方は別途初診料¥1080円を頂戴しております。ご了承ください。
※延長は10分1,080円でお好きなだけ延長出来ます。肩凝りや腰痛などのお悩みにも対応いたします。

 

【説明】
はりを刺すなんて何か怖いし、痛そう・・と思われている方、
実は髪の毛よりも細いはりを使用致しますので、痛みはありませんよ♪

治療に使用するはりは全て1回限りの使い捨てですので
衛生面でも安心です。

細いはりから太いはり、電気ばり、お灸、
円皮鍼(えんぴしん)等
多数ご用意してありますので、
どなた様にもあった治療が出来ます。

 

【不妊症の原因は?】

不妊症になる原因は数多くありますが、主な原因と言われているのは、排卵因子と卵管因子、男性不因子の3つです。要するに、女性の排卵障害が起こっていたり、男性の造精機能に障害があったりするなどの症状を指します。このようなケースがあると、受精がスムーズにできずに妊娠できないという問題が発生します。
こういった症状が起こるのは体質の問題もありますが、普段の生活や食生活による影響が大きく、乱れた生活習慣やストレスを抱える生活といった環境下で過ごしていると、身体の神経系や内分泌系の制御が上手くできなくなっていきます。これにより、中枢神経やホルモンの働きも悪くなるため、妊娠がしづらくなってしまうのです。
身体全体のバランスが崩れてしまっている場合は、西洋医学よりも東洋医学のほうが効果を発揮すると考えられて来ており、鍼灸による治療は有効的だと言えます。ツボへの刺激によってバランスを整えることで、結果的に妊娠しやすい身体づくりも可能になります。

 

【鍼灸は不妊に効果的?】

鍼灸をすると、まず自律神経の乱れや血流の改善に役立てることができます。自律神経が整い、ホルモンバランスが改善されると、血流が良くなり、お腹周りや骨盤周りの冷えも改善されていきます。ホルモンバランスの乱れが改善されることによって、子宮や卵巣の活動しやすい環境が整っていきます。鍼灸治療を受ければ、このように妊娠しやすい身体に必要となる条件を満たしていくことが可能です。
世界保健機関(WHO)がはっきりと不妊症治療になると公言しているわけではありませんが、生理不順や性機能障害などの改善効果があることは認めています。有効性のある疾患の中には、不妊の原因に関連しているものも多いですから、それだけ不妊治療としての効果への期待も高いと言えるでしょう。鍼灸治療はリラックス効果やストレス解消効果もありますから、精神的な問題でホルモンバランスが乱れてしまっている人にもぴったりの治療法です。

 

【治療をお受けいただくにあたって】

鍼灸、東洋医学では、ご本人が感じている症状を第一に考えつつ、お身体の状態を診て、触れて、症状・体質に合わせて治療を行います。まずはご自身の身体の状態をお伝え下さい。このときに不妊治療をしたい旨をはっきりと伝えましょう。後は鍼やお灸で効果的なツボや患部に刺激を加えていきます。通う頻度としては目安として、「週に1回、期間は3ヶ月から半年程度」などと、言われることが多いですが、「早く授かりたい」と焦ってしまうと身体はストレスを感じてしまい、逆に妊娠しにくくなってしまいます。のんびりと構えてじっくりゆっくりと体質を変えていくつもりで治療に臨みましょう。肩凝りや腰痛、生理不順、冷え性など、身体の不調やストレスを取り除いていくと妊娠の確率も上がります♪

治療は、鍼とお灸でメカニズムが異なるものですから、どちらのほうが効果があるとは一概には言い切れません。そのため、できるだけどちらも組み合わせた治療をおすすめします。